• 勇樹 三澤

発信

東京、神奈川を中心にベース弾いたり教えたりしつつ最近ライターとしても活動をしている三澤勇樹です


今日は最近というか今年一年本当に悩んでることについてづらづらと書きたいなーと思いました。































まずはこちらの方を。


https://note.mu/bon_kun_/n/n2560442ee194


そう今年悩んでたのは発信です。




今から若干似てる?お話しします。


アクションを起こし引っ張っていく人

それに乗っかり形にしていく人たち

形になる


これの乗っかる人は大得意ですが

アクションは起こせませんでした。

2,3年前にある現場で若くて技術あるプレイヤーに出会った時、

自分は今よりもむちゃくちゃ下手だったんです。なにせ基礎練しかやってなかったし、耳も良くないから、音も拾えないし。

でも若い子らはそれができてました。

演奏もかなーりアグレッシブでかつ、上手いし、臆さず飛び込んでいく強さと技術力の高さにびっくりしました。


やっぱり演奏もみんながチラチラ土台ばかり作ってても上に乗っかる物(その楽曲を引っ張ってくれてる演奏)がないと味気ない物になってしまいます。


それから技術練すんごいしました笑

楽曲に対してアクション起こせるように。


アクションを起こす人と発信する人が

若干同じ匂いがしたのでこんな体験談をしました。



そして今年、気づきました。自分に対しての付加価値が0円だということに。

演奏は割と付加価値ついて今ではありがたいことに数々の現場で割ともらえてます。

ですがそれはあくまで演奏についての付加価値で、自分の名前での付加価値ではないのです。

橋下さんも何かしらの付加価値を生むのがこの先、生き残っていける人みたいなことを言っていました。


では何故自分の名前での付加価値は0円なのか、

自分で発信するのが恐くてしてなく、

まさに何もしない人を貫き通した結果です。



そして来年まさに自分の名前に付加価値をつけていこうとしてまさに昨日、知人にアウトプットしました。

そして「あああああー」とまるで黒歴史を思い出すが如くに心がざわつきました。


20代後半ですがこんな経験、沢山あります、

その中でもざわつきが酷かったです。そして恐くて惨めだななんて思いました。


その数時間後に上の記事を読みました。


正直、救われたっていうのと同時に


飛び込んでいく勇気。


これかなり重要だと思いました。








成功する人しない人とのこと

まさにその通り。

実行できるのか より

実行できないか のが多く考えちゃいます。

まさにそれ、俺です。


今日から考え変えました。

自分に対しての及第点を下げていこうと。

そしたら発信の量が増えそうなんで。


なので、恐がってるひと、みんな頑張りましょ。

一緒に!


ってことでばいばい!

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

風邪対策について

東京、神奈川を中心にベースを教えたりしつつ最近ライターとしても活動をしている三澤勇樹です 今回はうちでやってる風邪対策、もしくは風邪の初期症状ぐらいには効き目のあるケア方法について書いてみようかなって思います、 風邪とは 正式には「かぜ症候群Common Cold Syndrome」 主として上気道すなわち鼻腔、咽頭、喉頭に起こる感染症で、原因のほとんどは各種のうウィルスによるものです。 症状とし