• 勇樹 三澤

Fender USA 1972 ヴィンテージベース

最終更新: 2018年11月27日

東京、神奈川を中心にベース弾いたり教えたりしつつ最近ライターとしても活動をしている三澤勇樹です


今回は自分の持ってるヴィンテージベースであるFender USA 1972 Precision Bass

の紹介をしたいと思います。




























周りがややごちゃごちゃしてるのはお気になさらず笑

この子、僕はボス猫って名前つけてます。

実は去年の年末か今年の1月かに突然音が出なくなりまして。

私がベース講師やってる音楽教室Voxy Music Schoolの代表兼ギター講師の

榊原さんに話したら「Combatに出してみる?」と聞かれたので出してもらい、

そしたら 「アクティヴに慣れて小さく聞こえるのではないか」 みたいなことを

Combatさんに言われ 「んなアホな!!」 ってなり、 

弾いてみたら音出るんですよね。アラマア。

その後1週間後に弾いてみたら音が出なくてそのまま レッツ放置プレイ。

残虐の限りを尽くし早8ヶ月、修理に出すかーってなり、

購入店である宮前平のGuitar Shelterさんに10月11日に修理出したら、

ピックアップ断線って言われて、巻き直しをお願いいたしまして、

先日の10月11日(目の日の次の日)に出したら11月11日に帰ってきました。(11/11は世間ではベースの日ですが自分は横にしたら笑ってる気がするのでニコニコの日って呼んでます)

そんな感じです。

その後はボス猫にたくさんの愛を注いでいます。

もうそろそろお腹いっぱいで嘔吐しそうです。

もう音出なくならないでね♡

残虐の限りを尽くした後精神的におかしくなった私はその後胃の調子が悪くなり1週間が辛かったです。ギュウギュウに締め付けられてて。そんな中演奏の仕事してました。

おそらくストレスでしょうな、猫のBy Guy She。

でももう治ってます。

皆さん、愛するものへの愛情不足、ストレス、風邪にはくれぐれもお大事に。


じゃ、バイバイ。









47回の閲覧

最新記事

すべて表示

初めまして! ベーシスト三澤です!

ブログ開始です。 普段の事、活動の事、音楽の事、 好きな物、好きな事、記事、レビュー とりあえずライターという仕事もしてみたくて(ほんまもんのライターさん不快に思ったらすいません)とりあえず1から始めてみました。 これで晴れて僕もフリーライターだぜ!!!!(ほんまもんのライターさん本当にすいません) もちろんベースのお悩み相談や仕事の依頼、レッスンおっけーですよー!! スラップ、指弾き(2フィンガ